キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何? : 遺品整理を考えてみよう!

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理を考えてみよう!のmainimg

新着記事

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理が生まれた背景はどのようなものなのでしょうか。時代と共に移り変わる家族のカタチとは。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

日本は少子高齢化社会の傾向はとどまることがありません。

65歳以上の高齢者が急激に増えています。

社会システムそのものが従来のものでは対応できなくなっています。

例えば、遺品整理というビジネスモデル。

今回は【遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?】をテーマにお話をしましょう。

★遺品整理が生まれた背景

ひと昔前では、大家族で暮らす世帯が多かったです。

昭和時代のことです。

サザエさん一家みたいに夫婦と子どもや親兄弟などで暮らすパターンが多かったです。

今は、クレヨンしんちゃんみたいに、夫婦と子どもだけ。

または夫婦だけで暮らす核家族が中心になっています。

高齢世帯・核家族世帯ですから、必然的に子どもと離れて暮らす高齢者が増えます。

配偶者に先立たれると独居老人になります。

遠方に暮らしていると孤独死の問題が発生します。

親族・家族に残したい遺品を整理できずに他界するケースは増えています。

★ご遺族が遺品整理できない事情とはどういった事情があるのか?

まずは、遠方にお住まいですから遺品整理にじっくりと時間がかかれられないこと。

重い家電製品・食器棚などを運んだりゴミに出すことは簡単ではないこと。

大事な家族を亡くした悲しみの気持ちから立ち直れていない心の問題もあります。

何を残せばいいのか処分するべきかも判断できないかもしれません。

賃貸住宅に住んでいたら、家賃の問題があるので、早く整理する必要もあります。

いろいな事情があって遺族側が遺品整理できないケースには専門業者に依頼してスムーズに整理したいというニーズがでてきました。