遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理を考えてみよう!のmainimg

新着記事

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理が生まれた背景はどのようなものなのでしょうか。時代と共に移り変わる家族のカタチとは。

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理は本来、原則遺族が自分たちでするべきです。

ですがいろいろな事情でできないこともあります。

核家族化・少子高齢化で独居老人も増えてきており孤独死なども社会問題化しています。

だから遺品整理を専門とする業者もでてきています。

今回は【遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかにするといい】ことを話します。

★遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品としてお渡ししなかったものは、家電製品・家具・美術品・骨とう品など買い取りできそうな状態であれば、買取してリユースしたり、リサイクルします。

買取できそうもない生活用品はゴミとして廃棄します。

ご遺族としては何となく抵抗感があるでしょう。

ですが現実には不用品です。

故人が生活として使っていたものは、そのままゴミ処分場に捨てるのは忍びない気持ちもあります。

そんな場合には「お炊きあげ供養」をするといいでしょう。

遺品整理業者でもオプションとして、受付してくれることもあります。

他界された故人が日常生活で使用していたものについて感謝の気持ちで天に返すのです。

遺品整理業者を選ぶ場合も、こういった対応をして遺族側の気持ちを汲んでくれる業者を選びたいです。

費用的負担はあっても気持ちが落ち着きます。

人としてのサービス内容が充実していれば、遺族の悲しみもイヤされるのではないでしょうか?安い料金で作業する業者はビジネスライクの対応で感じが悪いです。