キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 用品回収業者が副業として遺品整理の仕事をしていること : 遺品整理を考えてみよう!

用品回収業者が副業として遺品整理の仕事をしていること

遺品整理を考えてみよう!のmainimg

新着記事

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理が生まれた背景はどのようなものなのでしょうか。時代と共に移り変わる家族のカタチとは。

用品回収業者が副業として遺品整理の仕事をしていること

遺品整理……故人が残したものを単純に処分するだけではないのです。

ご家族やご親族以外の人からみたら普通の物品に見えるかもしれません。

ですがご遺族にとっては思い出がいっぱい詰まっている大切な物であると言えます。

ご遺族と相談しながら遺品として残すのか?最終的に処分してゴミにするのかを、しっかりと仕分けする必要があります。

故人へのご供養の気持ちを持って、丁寧に取り扱うことを求められます。

用品回収業者がそれを代行することもあります。

ここでは【用品回収業者が副業として遺品整理の仕事をしていること】について説明をします。

★遺品整理の仕事は専門的な知識や対応力が問われる仕事です。

健全な業界発展のために最近は「遺品整理士」の資格が注目されています。

安心して遺品整理を行えるように遺品整理士の資格を取得している業者を選ぶようにしましょう。

用品回収業者でも専門的な知識を持たずに業務をしていることもあります。

★ではどいうったトラブルが発生しているのでしょうか?

(※例:「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理のトラブル増加…どう対処すればいい? - 弁護士ドットコム

多いのは高額な料金を請求することです。

骨とう品や美術品など高価なものでも不当な金額で買取します。

引き取った遺品を適切なゴミ処分場に運ばずに不法投棄するようなケースもあります。

大切な思い出の品も遺族の心も考えずに雑に取り扱ったりします。

箪笥預金が出てきても遺族側に報告せずに無断で回収することもあります。

業者を決める場合はクチコミ情報系サイトで評判を確認するといいでしょう。